こんな教習所はng?失敗しない自動車教習所の選び方

自動車を運転するためには普通自動車運転免許を取得する必要があります。自動車免許の取得には自動車教習所を利用する方法が一般的ですが、いろんな自動車教習所があって選べない、とか、合宿制か通学制か迷う、という人も多いのではないでしょうか。

そこで、スムーズに自動車免許を取得するためにどの自動車教習所を選べばよいのか、失敗しない自動車教習所の選び方をご紹介します。

自動車免許の取得には、実は、2つの方法があります

自動車免許取得のためには自動車教習所を利用しようと考える方がほとんどだと思いますが、実は免許取得のための方法は2通りあるんです。一つは、自動車教習所に通ってそこを卒業する方法。もう一つは、運転免許試験場で一発試験を受ける方法。

一つ目の自動車教習所に通う方法が一般的ですが、二つ目の、各都道府県の運転免許試験場で公安委員会の行う試験を受けるという方法もあるんです。この一発試験で免許を取得するためには、運転免許試験場で受験する、仮免許学科試験・仮免許技能試験・本免許技能試験・本免許学科試験の全てに合格しなければなりません。

確かに、一発試験で免許が取得できれば、受験手数料・免許交付手数料・取得時講習代だけで済むので、費用がかからないというメリットがあります。しかし、運転経験のない人が、これらの試験を一発で合格するのは非常に困難でしょう。

特に2度の技能試験はとても難しく、これを一発で合格するのは至難の業です。そのうえ、一発で合格できなかった場合は、合格するまで毎回手数料を支払って、何度も試験を受ける必要がありますから、そうなると、費用がかからないという一発試験を受ける方法のメリットもなくなってしまうことになります。

結局のところ、運転経験のない人が一発試験で免許を取得するのは、時間的にも経済的にも厳しいといえ、自動車教習所に通ってそこを卒業する方法によるのが無難と言えるでしょう。

自動車教習所を卒業する方法にも、実は、落とし穴があります

となると、自動車教習所に通ってそこを卒業するという方法を採ることになりますが、この自動車教習所を選ぶ際に、気をつけなければならない、重要なポイントがあります。それは、各県の公安委員会の指定を受けている自動車教習所を選ぶということ。

自動車学校とか自動車教習所、ドライビングスクール、モータースクールなどの名称の違いに関わらず、公安委員会の指定を受けているか否かによって、その学校の卒業生が受けられる特典が、全く異なってくるのです。各県の公安委員会の指定を受けている自動車教習所の場合、その学校の卒業生には技能試験免除という特典が与えられます。

ですから、この場合は、各都道府県の運転免許試験場で本免許学科試験を受け、合格すれば免許取得できるということになります。一方、公安委員会の指定を受けていない自動車教習所の場合は、技能試験免除の特典が与えられないため、その学校の卒業生は、運転免許試験場で技能試験も受験し合格しなければならないということになります。

運転免許試験場で行う技能試験は、各都道府県の公安委員会が実施しますが、その合格率はとても低く30%に届かないと言われています。一方、教習所での技能検定の合格率は80%を超えます。一回不合格になってしまっても、二、三度受験すれば、ほとんどの人が合格できます。

公安委員会指定の自動車教習所は、そうでない自動車教習所より、免許取得にかかる費用が若干高く、一般的には25万円から30万円程度します。しかし、この特典があることを考えれば、必ず「都道府県公安委員会指定」と掲げている自動車教習所を選ぶべきと言えます。

どの指定自動車教習所を選べばいいの?

では、この指定自動車教習所に通うとして、どの教習所を選べばよいのでしょうか?自動車教習所の講習内容は、自動車免許の取得に過不足ないように決められているものですから、どの指定自動車教習所でもほとんど変わりがありません。

すると、残るは費用の問題と、スケジュールの問題ということになります。まず、費用の問題。自動車教習所を卒業するまでにかかる費用は、都道府県によっても異なりますし、同一の都道府県内であっても、都市部と郊外では異なります。

一般的に、通学の便が良い都市部のほうが、郊外よりも高い傾向にあります。また、一つの自動車教習所でも、繁忙期と閑散期では異なる料金プランを設定していることが少なくないです。一般的に、学生の休暇の時期と重なる2月から3月と7月から8月は繁忙期になり、費用が高くなります。

反対に、学生が学校の授業等で忙しい4月から6月、10月から12月は閑散期になり安くなります。お手頃な費用で免許の取得を目指すなら、郊外の教習所の閑散期が狙い目でしょう。

通学制と合宿制、どちらを選べばいい?合宿制のメリット・デメリット

では、合宿制と通学制のどちらを選べばよいのでしょうか。合宿制は、自動車教習所内の宿泊施設や近隣のホテルや旅館などに宿泊しつつ、免許の取得を目指すものです。宿泊先の種類や免許取得のスケジュールによっても異なりますが、合宿制は通学制より安い料金が設定されています。

一般的には、20万円程度ですが、閑散期は20万円を切るプランもあります。ただし、繁忙期は通学制とほとんど変わらない料金になることが多いようです。この通学制より費用がかからないという点が、合宿免許の最大のメリットでしょう。

しかし、合宿制にも、デメリットがあります。まず、合宿制の場合、2週間程度で免許の取得を目指すため、毎日のスケジュールがタイトに設定されており、なかなか息抜きの時間も取れないという点です。(参照|運転免許合宿|合宿免許HUNTER

それから、そもそも合宿に参加するには、まとまった時間が必要で、時間に余裕のある学生でなければなかなか参加しにくいという点もデメリットでしょう。さらに、合宿の場所は比較的郊外、もっと言えば田舎なことが多いので、交通量の少ない道や一直線の道が多く、そこで運転の練習をしても、都市部の交通量の多い複雑な道路にはなかなか対応できるようにはならないというデメリットもあります。

ほとんどの人が通学制を選ぶのはどうして?通学制のメリット・デメリット

通学制の場合、教習のスケジュールを一定程度自由に選べるという点が最大のメリットでしょう。学校や仕事の予定に合わせ、スケジュールを組むことができます。まとまった時間が取れなくても、スキマ時間を活用して免許取得をめざすことができます。

一方、通学制のデメリットとしては、まず、比較的その費用が高いということが挙げられるでしょう。通常、追加の教習受講料は自己負担になるので、卒業までに時間がかかれば、さらに費用はかさむことになります。それから、前述の繁忙期には受講を希望する学生が殺到し、特に技能講習の予約が取りにくくなることがあるのもデメリットでしょう。

ただ、これは繁忙期を避ければ、解決できるデメリットではあります。このように、合宿制にも通学制にも一長一短がありますので、一概にどちらがいいということはできません。免許を取得する人の約9割が通学制を選んでいるというデータもありますが、結局、指定自動車教習所を選ぶのが大前提で、あとは自分の懐具合とライフスタイルに合わせて選ぶことになるでしょう。

自分にとって最適な自動車教習所とプランを見つけてスムーズな自動車免許取得を目指してくださいね。